今日の買物 
働くかあちゃんの日記。 いとしいムスメや今日買ったものについての一言や サッカーのおハナシや、ワンコ(ミニチュアダックス)、仕事などの愚痴について。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新の記事



Yuki’s プロフィール

Yuki

Author:Yuki

5年間某企業で受付嬢(兼雑用事務)として勤務。 2006年3月末日をもって退職&社内恋愛の彼と入籍。 結婚式(10月)の準備もしつつ新しい職場へ飛び込みました。 そして8月22日、正式に妊娠を確認しました。 4月8日が予定日になっています。 期待<不安の日々が続きますが、精一杯頑張る新婚&新米ママの日記です。



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



Access counter



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Link

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Sashiburi desu ne

こんなタイトルのメールが昨日届きました。
「サシブリデスネ」…?
しかもローマ字。アドレスも一瞬分からなかったので
いったいこれは誰?とタイトルだけでかなり悩みました。
開いてみてようやくそれがアメリカ人の友達からのものと判りました。
Sashiburiとは、「お久しぶり」と書こうとしていたのでしょう。
メールを送ってきた彼は仙台で英語の先生をしていて
半年前にアメリカに帰国しました。
私の家の近くに、仙台に住む英語の先生(アメリカやイギリス、カナダなどから来た人たち)
が集まる教会があり、私は友達を増やしたいのと英会話の勉強にと
クリスチャンではなかったものの通っていました。
彼とはそこで知り合いました。
クリスチャンの彼は真面目で優しくて親切で、
私が今まで生きてきて出会った人たちの中でも
一番というくらいの、よくできた素晴らしい方でした。

そんな彼からのメールはなんと結婚報告だったのです!
しかも相手は日本の、仙台の教会で知り合ったアイルランド人の女の子です。
彼女も仙台で英語の先生をしていて
今年の夏に任期を終えて帰国していました。
明るく行動力のある彼女と彼にいつも連れられて
私たちはいつも遊んでいました。
それだけに結婚したと聞いた時はとてもうれしくて
二人にすぐにおめでとうとメールを送りました。

言葉の壁がやはりあったので、私は気が付かなかったけれど
二人はいつの間にかお互いを想うようになり、好きになっていたのかしら。
二人は別々に帰国したけれど、三人で泣きながらお別れしました。
私も寂しかったけれど、彼たちのほうがよっぽど寂しかったに違いない。

お互い帰国したあと、彼が彼女の住むアイルランドに行き
そこで彼がプロポーズをしたそう。
なんて言ったのかは書いてなかったけれど
すかさず彼女は「Yes!」と答え、結婚に至ったのです。

結婚して彼は
“now my world has been turned upside down.”
と言っているけれど、なんだかその気持ちが分かります。
お互いを思いあって、日本で一緒に過ごした時間や
帰国しなくてはならなくなり、離れて暮らした時があり
そしてようやく互いに愛する人と一緒になれたのだから。
喜び、かなしみ、様々な思いを抱えてきたのだから。
彼らの世界が変わらないはずがない。
きっと二人が考えていた以上に楽しくて、幸せで新しい生活が始まっているから。

いつから二人は結婚とか考え始めたのかしら?
どんな風にプロポーズをしたのかしら?
同じ英語を話すとはいえ、違う国で生まれ育ったし、
文化も価値観も異なるはず。
それに出会ったのが、どちらかの国ではなく日本という場所。
とても気になってしまう。
そして実は私は愛のキューピッド?
それはないにしても、とにかくうれしいし、
色々聞きたいことがたくさん出てきます(^^)

私もそのうち結婚して、みんなに
“my world has been turned upside down!”
と、たくさん言ってみたいなぁ。

スポンサーサイト




shinobi1-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。