今日の買物 
働くかあちゃんの日記。 いとしいムスメや今日買ったものについての一言や サッカーのおハナシや、ワンコ(ミニチュアダックス)、仕事などの愚痴について。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新の記事



Yuki’s プロフィール

Yuki

Author:Yuki

5年間某企業で受付嬢(兼雑用事務)として勤務。 2006年3月末日をもって退職&社内恋愛の彼と入籍。 結婚式(10月)の準備もしつつ新しい職場へ飛び込みました。 そして8月22日、正式に妊娠を確認しました。 4月8日が予定日になっています。 期待<不安の日々が続きますが、精一杯頑張る新婚&新米ママの日記です。



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



Access counter



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Link

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昔好きだった人③

思い出話の続きです。







彼がお店を変えてきたのは、知っているお店で結婚している自分が
他の女の人と飲んでいるところを見られたくなかったから。
本当は彼が結婚していることを知った時点で、自分の気持ちに鍵をかけて
彼とは会わないようにするべきだったのです。
でも彼に抱きしめられてしまったことで、すっかり私の気持ちの歯車は狂ってしまいました。

そこから約1年。
長い長い道のりでした。会っちゃいけないという気持ちと彼が恋しい気持ち。
彼も同じだったはず。
抑えられない気持ちと自制しなくてはいけない気持ちのはざまで苦しみました。
彼の奥さんの影を常に気にしながら、でもこっそり会いました。
自分は最低な人間だと思いました。
でもそれでもその人が好きだという気持ちには勝てない自分がいました。

その頃の私は、友達と話していてもうわの空で中身の無い話をしていたし
周りは色の無い景色のようでした。
私は何をしているんだろう、いつまでこんな日が続くんだろう、と自問自答の日々でした。
そんな鬱々とした日々を過ごしていたとき。
事情を知らない友達をあったとき。
「どうしたの?具合悪いの?こんなにヤセちゃって。
 顔も吹き出物多いし、目の周りがくぼんじゃっているよ!」
彼とのことで悩みながらも想い続けていた私。
今自分がどんな顔をしているのか、それすらも気付かなかったのです。
こんな私でいいのかしら。
恋ってこういうものかしら。
誰かを好きになるのはとても普通で、出会いは特別なもの。
ただ私は出会うのが遅かっただけ。
これからもっと違う人に出会えるかもしれない。
こういう顔をしていたら出会いを逃すかもしれない。もうすでに逃してるのかもしれない。
そう思ったら、彼への執着がなくなりました。
簡単に彼を吹っ切れたわけでは無いけれど、彼を諦める決心がつきました。

それから他の恋愛をして、今の主人に会うまでには長い道のりでしたが
その人を好きになったことは後悔していません。
こういう恋愛を否定も肯定もしません。
できればしないほうがいいのかもしれませんが、一つの恋愛としてなら
してもいいのかもしれません。
他の人を思いやる気持ちが芽生えた気がします。
(↑おかしい表現かもしれませんが・・・。)
スポンサーサイト



shinobi1-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。