今日の買物 
働くかあちゃんの日記。 いとしいムスメや今日買ったものについての一言や サッカーのおハナシや、ワンコ(ミニチュアダックス)、仕事などの愚痴について。

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新の記事



Yuki’s プロフィール

Yuki

Author:Yuki

5年間某企業で受付嬢(兼雑用事務)として勤務。 2006年3月末日をもって退職&社内恋愛の彼と入籍。 結婚式(10月)の準備もしつつ新しい職場へ飛び込みました。 そして8月22日、正式に妊娠を確認しました。 4月8日が予定日になっています。 期待<不安の日々が続きますが、精一杯頑張る新婚&新米ママの日記です。



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



Access counter



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Link

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


隣の家の芝は青い

お台場のイルミネーション

彼に引っ張っていってもらうほうと、自分で引っ張るほう、どちらがいい?
というこの前のKちゃんの話。
彼と別れたいかも、という理由はもっと他にあるのでは?
と思っていたところ、やはり。
「気になる人がいる。」とのことでした。
Kちゃんの彼は大学の同級生で、その気になるくんも同級生で
いわゆる遊び仲間のグループです。
詳しいいきさつは分からないけれど、きっと電話やメールで
お互いの近況報告なんかをしているうちに、
Kちゃんの中に気になるくんを友達より上の存在に見てしまったのかな、
と思いました。
でも気になるくんにも彼女がいます。
先日一緒に映画に行ったらしいのだけれど、気になるくんは寝ていたらしい。
私はKちゃんに、気になるくんに自分の気持ちを伝えたり
今の彼と別れたり、そういう行動は起こさないほうがいいよ
と言いました。
今の彼は自分を引っ張ってくれなくて頼りないかもしれない。
そういう風に感じちゃうと余計周りのものがよく見えて
そっちに目移りしてしまうこともある。
目移りすることは悪くないと思うよ。
でも頼りないところを上回るくらい、今の彼にもっといいところがあって
だからずっと今まで付き合ってきたんでしょう?
頼りないところがイヤだったら、もっと前に別れているんじゃない?
と、焼酎片手に熱く語ってしまいました。
ほろ酔いで捲くし立てる私に圧倒されたのか、Kちゃんも
「そうかも。いわゆる倦怠期っていうのなのかも、私。」
と。元々離れているし、少しゆっくり考えてみる、と
最後には笑顔になっていました。

私も昔、付き合っていた人以外に他にいいなと思う人がいて
結局その彼と別れて、いいなと思う人と付き合ったことがありました。
二人はまったく違うタイプで、束縛の強かった彼に比べて
いいなと思っていた人は自分の趣味が優先で、恋愛に対しても
自由な人でした。
休みの日も私より趣味が優先で、気まぐれにしか会ってくれない彼。
こんな自由な時間があるんだ~と嬉しい!と思っていたのもつかの間。
会いたくても会えなくて、趣味に使うという時間は面倒くさくて
会いたくない。出掛けるのが面倒。
実はそういう人だったというのに気付きました。

「隣の家の芝生は青い」
というけれど、恋愛に関しては誰でも一度はそう感じるのでは?と思います。
でも、ちょっと待って。
別れたりして、いいなと思うもの、憧れているものに手を伸ばすのは簡単だけれど
どうしてその人を好きになって、どれだけ愛し愛されたか、
もう一度考えてみてほしい。
言葉にするのは難しいけれど、人って簡単に別れたり付き合ったりって
出来るものではないと思うから。。。






[続きを読む]
スポンサーサイト

テーマ:恋愛・結婚について思うこと - ジャンル:結婚・家庭生活


リセット

午前中仕事のことで凹みました。
ある人に頼まれた仕事をやっていたのですが
その中でミスが発覚しました。
とは言っても私はその仕事内容自体には関わりがなく
ワープロだけを頼まれていました。
その人が上司に怒られていたのですが、そこで一言。
「書類作りはYukiさんに任せていたのですが、Yukiさんが
 きちんと確かめなかったので、こうなったのです。」
えーっ。
きちんと校正もお願いしていて、言われたとおりに作っていただけなのに…。
最終的にはその人の確認ミスということにはなったのですが
私もみっちり怒られてしまいました。
なんだか悔しい…。

よく小さい頃、誰かが泣いていると
「僕のせいじゃないよね。僕が泣かせたんじゃないよね。」
と聞いて回る人がいて、どうして相手を思いやれないのか
自分ではないかと一瞬でも反省の気持ちを持てないのかと
そういう人はいやだなあと思っていました。
何十、何百というお金が動いているのに
私にミスを押しつければ済むと思ったのかしら…。

午後は落ち込む気持ちをリセットして頑張ろう!



shinobi1-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。